Operation Bicycle

操業自転車

vivoactive 3 レビュー (追記あり)

Garminのスマートウォッチ vivoactive 3を買いました.

 

 

ランニングウォッチとして2年前にForeAthlete 225Jを買い,直後に大幅アップデートされた235Jが出たものの買い換えには踏み切れずにいましたが,vivoactive 3は外見も機能も大きさも非常によさげだったので発売と同時に買ってしまった.

ここでは印象を簡単に.カタログスペックではわからない部分を中心に.

  • 外見.225Jと違ってスーツでもそうおかしくない.大きさも,腕時計にしてはやや厚めだけど,225Jみたいにデカくはない.男性ならオフィスで着けていてもそう目立たないだろう.シリコン材質で網目風の凹凸が付けてあるバンドはややチープだけど,革やステンレスの替えバンドも売ってる.交換は工具無しで簡単にできる.
  • UI.ボタンが5つある225Jに対してボタン1つ.メニュー操作が煩雑になるのではと心配だったが,タッチスクリーンのスワイプや長押し,ボタンのクリックや長押しを使った操作はなかなか良い感触.反応も良いし,メニュー階層も深くない.時計画面やランニングなどアクティビティ中の画面やメニュー項目のカスタマイズも可能.ConnectIQ アプリもストアからインストール可能.左右どちらの手に装着するか・ボタンを左右どちらに向けたいかのカスタマイズも可能.ボタンと反対側の本体側面をスワイプして走査するSide Swipe機能はあまり使ってない.左手に装着・ボタンを右向きにしてるとSide Swipeは使いにくい.特に冬場で長袖シャツを着てると.
    タッチスクリーンの上下スワイプとSide Swipeの機能はかぶっていて,PCでたとえると,タッチスクリーンの上下スワイプがPCのトラックパッド操作やマウスホイール操作,Side SwipeがPCで言うスクロールバーの操作みたいな感じ.タッチスクリーンのスワイプで十分快適なので困っていない.タッチスクリーンは手袋越しでも反応するが,Side Swipeは素手でないと使えない.
  • GPSランニングウォッチとしての使用感.GPS,みちびきに加えGLONASSにも対応しており,衛星捕捉が早く高精度.手袋をした状態でのボタン操作やスクリーンのスワイプ操作も簡単だった.難点は,バイブレーションが(高の設定にしても)225Jよりずっとおとなしいため,アラートに気が付かない可能性がある事.会議中なんかにはこのくらいのバイブがちょうどいいが…
  • その他のスポーツアクティビティトラッカーとして.対応しているスポーツの数は半端ない.ラン,バイク,屋内バイクは当然として,スイム,筋トレ,エリプティカル,スキー,スノボ,ゴルフ,SUPなどなど…まあ,使うのはごく一部なわけだが,「お気に入り」「それ以外」「普段はメニューに表示しない」という3ランクで整理可能.お気に入りリストはボタン1クリックで素早く呼び出せる.
  • スマートウォッチとしての使用感.iOSの通知の表示(バイブレータも可能)や,カレンダー項目の表示,オーディオ再生の制御,スマホを探す操作などがある.まあ普通といったところ.ただ,伝え聞くApple Watchの使用時間と比べると,GPSを使わなければ数日〜1週間くらい電池が持つのはよい点だろう.
  • ライフログ用途での使用感.まあ,期待通りか.歩数や階数などを,時計画面にアナログメーターで表示できるのは気分的になかなかよい.睡眠トラッキングも面白い.
  • 不満な点: 上記のバイブレーションの弱さに加えて,現在はANT+機器への心拍転送に不具合があり,数分で途切れてしまう.あとは,標準添付のバンドだと手首に接している金具や遊環の凹凸が大きくて,1日中付けていると不快.皮膚に食い込んで跡がついたり擦りむけたりする.あまりきつく締めず,遊環はなるべく端にしておくとマシになるようだ.

(追記: 2018-03-30)

不満な点3つのうち,2つは改善した.

  • バイブレーションの弱さについてサポート窓口とやり取りし,代替品と交換してもらったところ,かなり改善した.個体の問題だったようだ.それでも決して強くはないが,まあランニング中でもたいてい気づくだろうという程度にはなった.
  • バンドを,サードパーティ製の黒いステンレスのメッシュに替えてみた.あまり高級感がないが,装着しっぱなしにしても不快感はなくなった.
  • 心拍転送の不具合は相変わらず.